恩恵を得る自由

 

 

We are delighted by the support you gave us and over the moon with our handsome son.

 

         

 

We could not be more grateful to you for helping us achieve our dream of becoming parents.



 

PGDにはどのような利点がありますか?

 

PGDの最たる利点は健康な赤ちゃんが生まれる可能性が増えることです。

 

 

正常出産率が上昇

 

  • 35歳: 最初の治療サイクル後の正常出産率は50%
    3治療サイクル後の正常出産率は80%
  • 40歳: 最初の治療サイクル後の正常出産率は40%
    3治療サイクル後の正常出産率は60%

 

 

奇形児および流産のリスクが低下

 

母親が35~39歳の場合、遺伝的疾患のある赤ちゃんを出産する可能性は1%、母親が40~45歳の場合は3%です。PGDを利用すれば、胎児に異常があることが判明して人工流産を余儀なくされる可能性が減ります。 現在までのところ、レインズバリー・クリニックでPGDを実施した143件の受精から得たデータによると、染色体異常が認められたケースは2件(1.4%)でした。母親の年齢層が同じ通常の患者グループでは、この率は2.7%です。

 

 

流産の低減

 

35歳以上の女性の妊娠では約15%が流産という結果に終わります。このうち異常が原因の流産は50%以上にのぼります。 正常な胚のみを移植すれば、臨月を迎えられる妊娠件数が増加するはずです。 ある研究では、PGD実施後、流産の発生率が23%から9%に大幅に減少したとの結果が出ています。 着床率の増加と流産の大幅な減少により、妊娠の継続と出産件数が著しく上昇します。

 

 


                                                            Click here to complete our Enquiry Form.
                                                                        UK callers Tel 0800 545685
                                                          For callers outside the UK +44 20 3608 4426