情報の自由

 

PGDにはリスクがまったくないわけではありませんが、利点の方がリスクを上回っています。

 

 

エンブリオ・バイオプシー

細胞を取り出す際に誤って胚にダメージが出る危険性は非常に低く、約0.6%です。 着床率はエンブリオ・バイオプシーの有害な影響を受ける可能性もありますが、これまでの観察ではPGDの利点がこの可能性に勝っているようです。

 

 

細胞の切除

 

 

受精後3~4日目の胚から細胞を1個または2個取り出しても、将来の胎児の一部が欠けるわけではありません。 胚の細胞はすべて、4日目頃までは自ら正常な成長を続けます。これは、各細胞が完全な胎児に成長する可能性があることを意味します。 このプロセスは成長を数時間遅くするに過ぎません。その後、胚は以前と同様に同じ数の細胞を形成し、正常な成長を続けます。 エンブリオ・バイオプシーは胚を傷つけないという研究結果が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                            Click here to complete our Enquiry Form.
                                                                        UK callers Tel 0800 545685
                                                          For callers outside the UK +44 20 3608 4426